b0145160_14060652.jpg

穂村弘「ぼくの宝物絵本」(河出文庫)にはシュール&ナンセンスな絵本が山ほど紹介されていて、とても面白い一冊。

そもそも、絵本界には「めでたしめでたし」系の民話的なものや、ハッピーエンド系、教育的配慮系などが多い一方で、それに負けないくらいシュール&ナンセンス系も多い。

たとえば長新太の作品たち(例えばゴムあたまポンたろう)とかヨックム・ノードストリュームの作品たち(たとえばセーラーとペッカシリーズ)とか。

出てくる登場人物の行動には意味がなかったり、脈絡がなかったりすることばかりです。
(ゴムあたまポンたろうは主人公がゴムあたまで飛び跳ねるだけだし、セーラーとペッカではいきなり近所のおばさんと踊り出して絵本が終わる)

でも、そこには「めでたしめでたし」系にはない魅力があります。

穂村弘は本書131P「『めでたし』への不参加」の章で、そんなシュール&ナンセンス系の絵本の魅力を、長新太の自由な作風に通してこんなふうに言っています。



この風通しの良さの正体は、おそらく「めでたし」を支える社会的な呪縛からの解放感なのだろう。長新太の作品の多くからは、手柄や出世や居場所や愛や生き延びることだけがこの世の在り方の全てではない、という声がきこえてくるようだ。



たぶん、僕がシュール系絵本を好きな理由も、このあたりのことが強いと思われます。

そして、上記のような頭で考える魅力とは別に、より直接感じる魅力があります。

それは「絵」です。シュール系には絵が良いことが多いんです。

たとえば

b0145160_14061251.jpg
「ねこのセーター」及川賢治、竹内繭子(文溪堂)

b0145160_14342202.jpg

「ジャリおじさん」大竹伸朗(福音館書店)

とか。

好みの問題もあるとは思いますが、僕にとっては色使いや筆使いの自由さがたまりません。


夏のあつさに疲れたら、シュール&ナンセンス系絵本で脱力するのをおすすめします。



[PR]
by mamesyakuhachi | 2017-07-24 00:01 | 穂村弘 | Comments(0)

b0145160_8515077.jpg

ピアノの練習中・・・ではありません。
ピアノをたどたどしく弾きながら作曲をしているんです。

今年中にオリジナルアルバムを一枚作りたいと考えています。

地味な作業で時間がかかります。

-----------------

ところで電車に乗っていて気になる事があります。
それは他人が読んでる本のタイトルや著者。
自分の好みにあった本を読んでいると嬉しくなります。

一年くらい前に地下鉄で想田和弘「精神病とモザイク」を読んでいる若い女性がいました。
b0145160_8523751.jpg


僕は心の中で「おおお!そ、想田和弘!なんたる俺好みの選書!」と叫んでました。

先日は柴田元幸編集の雑誌を読んでいる同世代の男性に遭遇。
b0145160_852546.jpg


同じく心の中で「おおお!し、柴田元幸!もしや、あなたも好きなんですかっ!?」と叫んでました。

どちらの場合も勿論実際に声をかけたりしてません。
前者はナンパ、後者は不審者扱いになる可能性有りです。
でも降車した後に残る一抹の後悔。
次に「おおお!」と思ったら声かけてみたい・・・と、ジリジリ考えています。

-----------------

荒井良二「たいようオルガン」(アートン)
b0145160_8542211.jpg


これは「おおお!」です。
電車でこの絵本を読んでる人がいたら声をかけたいです。
(電車で絵本を読む人はめったにいないでしょうが…)

それくらい好みの絵本です。

瑞々しく跳ね回るような躍動感。
生命力溢れる鮮やかな色彩。
今にも駆け出しそうな美しい世界とリズミカルな言葉たち。

たいようオルガンの暖かさの中でゾウバスは生き生きと走り続けます。

一読して好きな絵本になりました。

未読の方、ぜひ読んでみて下さい。

・・・そして、もし気に入ったら電車で恥ずかしげなく開きましょう。

見かけたら声をかけさせて頂きますから!

今週はこれにて以上です。
更新は毎週月曜日。
次回は4月6日。
読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-03-30 01:49 | 荒井良二 | Comments(0)

コンサートのご案内です。

2/7(土)に山梨県甲州市にある甲州市立塩山図書館(えんざんとしょかん)にて知的書評合戦ビブリオバトルのイベント内でミニコンサートを致します。
ちなみに僕はビブリバトルの発表者としても参加します。
以前からコンサート×ビブリオバトルをしてみたいと思っていたので今から楽しみです。
ちなみに入場無料です。

b0145160_13422322.jpg



イベントに関しては甲州市立図書館のページをどうぞ。

---------------------
先週は練馬区立小竹図書館に行ってきました。
新春ということもあり「本の福袋」という企画をされていました。
気になった一袋を借りてきました。(ちなみに貰える訳ではなく、借りられるだけです)

b0145160_13503599.jpg



右下のメモにはこんなコメント。

b0145160_1353268.jpg



「シュール」×「絵本」。
なんて素敵なコメントだろう。
ウキウキ気分で開封すると

b0145160_13545494.jpg



面白そうな絵本が三冊登場。
ちなみに詳細は三冊ともヨックム・ノードストリューム/作、菱木晃子/訳の絵本で「セーラーとペッカ、町へいく」「いったいどうした?セーラーとペッカ」「セーラーとペッカの運だめし」(全て偕成社)でした。
(ちなみにスウェーデンでは、とても人気のある絵本だそうです。)

さっそく読んで見ました。
特に気に入ったのがこちら。

b0145160_1412875.jpg



元船乗りのセーラーと愛犬のペッカ。一人と一匹。ほのぼのコンビのお話です。
ある日体調をくずしたセーラー。それを心配して薬を買いにいくペッカ。
早く薬を買わなきゃいけないのに何故か途中で風船売りとのやり取りがあったり、道に落ちてる靴を履いて持ち主から怒られたり・・・と、なんだこの展開?(しかもこの展開が後で回収されたり意味を持って来たりしません・・・シュール・・・)

そして体調が良くなったセーラーの所に近所に住むジャクソン夫人がやってきて一緒にダンスを踊って終わり。

というお話です。
意味分からないのにすごく可笑しくて、ほのぼのして、理屈じゃなくて感性に届く絵本でした。
言葉じゃ説明しづらいので実際に読んで貰いたい絵本です。

今日はこれにて以上です。
毎週月曜日に更新。次回は1/19です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-01-12 06:23 | ヨックム・ノードストリューム | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

みなさん初夢は見ましたか?
僕は初夢の内容をいつも忘れてしまいます。
(見たかどうかも怪しい始末です)
来年は大晦日から枕元にメモを準備しておく必要がありそうです。

ところで元旦は箱根のホテルで演奏をしてきました。

b0145160_2127551.jpg



ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパでの演奏。
共演は津軽三味線のkijiさん(写真中央)、ギターの山口亮志さん(写真右)でした。

元旦の夕方から箱根は雪になり、ホテルの中庭が幻想的な雰囲気でした。

でも、その雪のおかげ(?)で国道が大渋滞になり、危うく帰りそびれるとこでした・・・。

----------------------------------------

ブルーノ・ムナーリ/作、谷川俊太郎/訳「きりのなかのサーカス」(フレーベル館)

b0145160_20512044.jpg



しかけ絵本です。
この絵本の一番の特長は「霧」を表現するためにトレーシングペーパーを用いている所です。

b0145160_21384908.jpg




霧の持つ幻想的な雰囲気とか、視界がおぼろげになる様子をトレシーングペーパーで表現しています。

(ブルーノいわく『子供に「霧」を分からせるのには、どんなに言葉を費やしてもあまり効果はなく、「霧」の感じがする素材に絵をのせれば、ずっと簡単に表現できる』)

そしてサーカスの場面は一転してカラフルになり、奥行を出す為のしかけもあります。
ページの一部が円形に切り取られています。

b0145160_2152489.jpg



ブルーノの別な作品「闇の夜に」という絵本では、洞窟の穴のでこぼこ感をを表現するのにページに大小様々な穴が空いていたりもします。

b0145160_21255020.jpg



ブルーノの絵本は文字や絵を追うだけでなく、紙の素材や手触りも楽しめて良いです。

今日はこれにて以上です。
毎週月曜日に更新。次回は1/12です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-01-05 03:00 | ブルーノ・ムナーリ | Comments(0)

『くつ下』makomo/著

久々に中野の聖地、中野ブロードウェイに行ってきました。

3階の怪しげな書店「タコシェ」で欲しかった本を購入。

makomo「くつ下」

b0145160_21102957.jpg



シュールだけどちょっと笑顔になる絵本です。

著者が自由にイメージしたいろんなくつ下がでてきます。
(ちなみに特にストーリーはありません)

中身を少し紹介します。

普通のくつ下
b0145160_21133467.jpg



赤いくつ下
b0145160_21143333.jpg




素敵なおじさんがプレゼントをくれました。
b0145160_2115413.jpg



青いくつ下・・・何か噛んでる
b0145160_21153555.jpg



のぼってきた・・・あぶない
b0145160_2116153.jpg




こんな感じでいろんなくつ下がでてきます。
和やかな気持ちになります。

一緒にこちらも購入
b0145160_21164423.jpg


同じ著者makomo「ロマンチック公園」そして「かる太」

ちなみに購入できるお店は限られています。
気になった方はmakomoのホームページへどうぞ。

今日はこれにて以上です。
毎週月曜日に更新。次回は12/22です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-12-15 02:06 | makomo | Comments(0)

昨日は友人の結婚式でした。

式と披露宴から出席したのは2、3年前なので久々です。

式中もらい泣きしまくりでした。
新郎新婦が入場しただけでジーンときて、新婦(普段はソプラノ歌手)が歌いながら泣いている姿に感動して、披露宴で新郎が男泣きしている姿にもらい泣きでした。

とても優しい気持ちになりました。

料理もお酒も美味しくて、気持ち良くなって帰宅。
その帰宅途中に、自宅最寄り駅前で雨で滑って盛大にコケました。

大雨だったのでスーツはびしょ濡れ、荷物も散乱…。

でも行きじゃなくて本当に良かった。

--------------------------

佐々木マキ「ねこ・こども」(福音館書店)

b0145160_1484163.jpg



佐々木マキさんは初期の村上春樹作品の表紙を手掛けている事でも知られています。

b0145160_1412312.jpg



もともとは漫画家で、その後絵本やイラストレーターとしても活躍されるようになります。

この「ねこ・こども」はワクワクする絵本です。

b0145160_14173243.jpg



ねこ  こども  もうふ  ふね  ねっしー

「しりとり」になっています。

新しいページを開くたびに予想もつかない展開。
「しりとり」がそうであるように、文章としての脈絡は無くて良いわけです。

それがゆえ、次のページはどうなるんだろう、結末はどうなるんだろう、と好奇心を掻き立ててくれます。

子供と一緒に楽しめる絵本だと思います。


今日はこの辺で以上です。

毎週月曜日に更新。次回は10月13日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-10-06 14:31 | 佐々木マキ | Comments(0)

ナディーヌ・ブラン・コム/文、オリヴィエ・タレック/絵、磯みゆき/訳
「ちいさいきみとおおきいぼく」(ポプラ社)

b0145160_9482541.jpg



出会いがあれば別れがあり、光があれば影があり、知って得したと思えば聞いて損したとも思う。

まぁ人間は気まま奔放なもんです。

この絵本は大きなオオカミと小さなオオカミが出会い、仲良くなり、そして別れ、また出会う話です。

基本的にはとてもに暖かい話。簡単に言えば「出会って良かった」というお話です。

ところが何故か僕はモヤモヤしてました。
だって、二匹は出会わなければ別れの悲しみを知る事は無かったからです。

この絵本を読んだあと、たまたま少し似たようなテーマの小説を読みました。


(幻冬舎文庫)

b0145160_9492252.jpg



盲目の女性と、容疑者の男性。
ある電車事故をきっかけに不思議な巡り合わせで同棲生活をすることになった二人の物語です。

女性は盲目になったことで生きる勇気を失い、男性は人間関係が上手くいかず臆病になっています。

二人は知る事や出会う事を人一倍恐れ、「傷つくのなら一生このままでいい」と考えています。

そんな暗闇の中にある二人の生活ですが、共に過ごす中でお互いへの優しさが芽生えていきます。

「一生このままでいい」と思っていた二人は互いの優しさを通して、勇気づけられ、進んでいけるかもしれないと思うようになります。

表紙のとおり、基本的には暗い話ですが、計らずも相手を思いやっていく二人の姿は結構美しいと思いました。

-------------------------

二冊読んでも、モヤモヤの答えは、まぁ出ないです。

でも、二匹のオオカミも、二人の男女も幸せになって欲しいなぁと思った9月末でした。


今日はここらで以上です。

毎週月曜日に更新。次回は10月6日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-09-29 10:04 | 複数著者など | Comments(0)

こうの史代 、「この絵本が好き!」編集部編 『あのとき、この本』 (平凡社)

b0145160_12532.jpg



子供の頃に絵本を読んで貰った記憶は皆さんありますか?
…僕はありません。

父も母も共働きで、そして実家は兼業農家。
お米に野菜、養蚕業もこなす忙しい毎日。
絵本を読み聞かせる時間はあまり無かったのかもしれません。
まぁ僕は、絵本よりゲームや漫画に夢中でしたけど。

今日紹介する「あのとき、この本」は著名人(総勢71名)の思い出の絵本を、紹介者本人の文章と著者こうの史代さんの漫画で紹介しています。

紹介者は、ねじめ正一さん、谷川俊太郎さん、佐々木マキさん、宮崎吾郎さん、堂島孝平さん、吉田戦車さん、などなど。
紹介者の名前だけを見ても僕にとっては興味津々の顔ぶれです。

紹介者と絵本との出会いは様々です。
幼少時に出会った絵本を紹介する方、
自分の子供に読み聞かせた絵本を紹介される方、
仕事をする中で出会った方もいらっしゃいます。

出会いは様々でも共通するのは「この絵本が好き!」という想いです。
それだからこそ、読んでいる僕も「この絵本読んでみたい!」という気持ちが強くなります。

というわけで、気になった絵本のページに付箋をつけたらこんな状態になりました。

b0145160_123031.jpg



早速、図書館で何冊か借りて読みました。

b0145160_124244.jpg



美しい絵柄の絵本や、文章がリズミカルな絵本、自由で型破りな絵本もありました。

僕が特に好きになったのは長新太さんの「ごろごろにゃーん」と牡丹靖佳さんの「たまのりひめ」です。

どちらも結末らしいものは無いのですが、言葉の使い方がとても素敵で、絵も綺麗です。


紹介されている絵本を実際に読んでから、「あのとき、この本」の紹介文を読んでも楽しいです。
二度楽しめます。

そしてそして、絵本を紹介された方にも興味が湧いてくる良書です。
どんな人でもきっと自分好みの絵本に出会えます。



今日はこれにて以上です。

毎日月曜日に更新。次回は9月1日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-08-25 01:06 | こうの史代 | Comments(6)

血液型占いはあまり当てにしてません。

しかしながら、十中八九「A型でしょ?」と言われます。

そして、予想通り僕はA型です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
エドワード・ゴーリー著/柴田元幸訳「まったき動物園」(河出書房新社)

エドワード・ゴーリー「キャッテゴーリー」(河出書房新社)

b0145160_17562924.jpg



東京・池袋のジュンク堂書店。

売り場面積が都内最大の大型書店です。

b0145160_10391733.jpg



店内をブラブラしていたらエドワード・ゴーリーのコーナーを発見。
書棚5段ぶち抜きの大きな扱いでした。
この様子だと巷では静かなゴーリーブームが来てるのかもしれません。


ところで話が横道にそれますが、自分が好きなマイナーアーティストが売れ出すと何故か少しやるせなさを感じます。

「俺は売れる前から知ってたし、良いと思ってた」と先見性を声高に示したいとこですが、アピールすれば己の安っぽさを印象づけるばかりなので憚られます。
(…ま、でも最終的には我慢できず言っちゃいますけどね。これもA型らしさ?)

閑話休題。

この「まったき動物園」にはゴーリーが創作した動物たちがアルファベット順に登場してきます。

幻想的で不気味。現実には存在しない動物たち。
そして絵の横には纏わりつくような奇妙な文章。

混沌とした雰囲気を現出させています。


b0145160_17573634.jpg



「キャッテゴーリー」はゴーリーの描いた猫達が登場します。

とぼけていて、間抜けそうな猫達。

こちらは絵のみで、可愛げのある猫たちを見ていると癒されます。

b0145160_17570625.jpg



ゴーリーの本は、ひねくれ者の僕の気持ちを心地よく刺激してきます。

ところでインターネット上にゴーリーに関するこんな記事を見つけました。


マジキチな絵本見つけたwwwwwww


ついに2ちゃんねるでも…。

とはいえ、日本での認知度はまだ低いゴーリーですが、世界では熱狂的コレクターが沢山いるようです。

オークションサイトでは一冊数万円というのもザラにあるようです。


日本で本格的なブームが来る前に買っとくべきかなとも思ったりします。



今日はこのへんで以上です。

毎週月曜日に更新。次回は8月25日です。


読んで頂きありがとうございました。




[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-08-18 10:59 | エドワード・ゴーリー | Comments(0)

気取った奴と思われるかもしれませんが…、
先日ブックカフェという所にいってきました。

しかも1日に2軒。

午前中に東高円寺の「
イココチ」、夜に渋谷の「森の図書室」というお店に行きました。

本を読みながらコーヒーやお酒を飲んだり、友達と話したり、たまに友達をほっといて本読んだり。
一人で行っても友達と行っても楽しいです。

お店の本棚は店主の趣味か、または訪れる人の傾向か、著者もジャンルもバラバラに並んでいたりします。
でもそれだけに図書館や書店では見つけられない本があって趣があります。

余談ですが、お店に自前の本を忘れました。
後日取りに行くついでにまたお店で本を読みたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は絵本をいくつか。


阿部はまじ/文、平澤まりこ/画「森へいく」(集英社)

b0145160_10105645.png


静けさが漂う絵本です。
自然の風景や気持ちを切り取った言葉と、色彩を大切にした絵でつづられています。

特に絵について言えば、色のある部分とない部分が相互に鮮やかさを引き立てています。

『朝のひかり  水たまり  きらり きらり』

平仮名の擬声語(オノマトペ)と韻を踏んで続いていきます。

優しげなリズムを感じます。


ラチー・ヒューム/作、長友恵子/訳「ゆうかんなうしクランシー」(小学館)

b0145160_10110238.png


著者が12歳の時に小学校の自由研究で作った物語です。

「ゆうかん」さ、って何だろう。
そんな少年の素朴な問いかけが瑞々しいです。

絵本に登場するうし達はおおらかで悠然としていて、その飾らない佇まいに長閑さを感じます。

漢字の「牛」じゃなくて平仮名の「うし」がしっくりきます。
表紙の点線矢印も良い味だしてます。



M.B.ゴフスタイン/作、末盛千枝子/訳「ゴールディーのお人形」(すえもりブックス)

b0145160_10105250.png


本書の最後にある作者の言葉が印象的です。

『私が本の中で表現したいと思っていることは、自分が信じるすばらしい何かを作り出すために黙々と働く人の美しさと尊さです。
そして、本はだれか人が書いたということを知って以来、私は本を書く人になりたいと思っていました。』

この絵本の主人公の女の子ゴールディーは毎日気持ちを込めて人形を作っています。
ある日、ゴールディーは街のお店で素敵なランプに出会います。
ランプがどうしてゴールディーの心を捉えたのか。
それは、まだ会ったことない大切な誰かへの気持ちが閉じ込めてあるからです。

生きる元気をもらえる絵本です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はこれにて以上です。

毎週月曜日に更新。次回は8月4日です。

読んで頂きありがとうございました。


[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-07-28 10:39 | 複数著者など | Comments(6)