コンサートのご案内です。

b0145160_20323430.jpg

『春日町夜の音楽会』
【日時】2015年7月10日(金) 開場18:45/開演19:00
【場所】練馬区立春日町図書館 2階会議室 (都営大江戸線・練馬春日町駅直結、地図)
【出演】尺八・遠藤直幸、マリンバ・長谷川剛士
【料金】無料(定員30名)
【問合せ】03-5241-1311(春日町図書館)

読書がきっかけとなり実現した練馬春日町図書館でのコンサートです。
尺八&マリンバという少し変わった編成で、古典曲やポップスの他に「読書」をテーマにしたプログラム「素晴らしき読書の世界」もご用意しています。
コンサート後も図書館は21時まで開館していますので、音楽の余韻に浸りながらの読書タイムなんていかがでしょうか。
ご来場をお待ちしております。

----------------------------

では、このブログの特別企画「オススメ本を教えて下さい」の第5回目、最終回です。


『田園発 港行き自転車』宮本輝/著(集英社)

b0145160_20452048.jpg


『もし私が一人の生命の苦しみをやわらげ
一人の苦痛をさますことができるなら
気を失った駒鳥を
巣にもどすことができるなら
私の生きるのは無駄ではない』

この詩の作者はエミリ・ディキンスンというアメリカの女性詩人です。
本書の下巻275ページに引用されています。

そして、先日たまたま読んだ金子みすゞの詩『土』。
本書との繋がりを感じました。引用します。

『こッつん こッつん
打(ぶ)たれる土は
よい畠になって
よい麦生むよ。

朝から晩まで
踏まれる土は
よい路になって
車を通すよ。

打たれぬ土は
踏まれぬ土は
要らない土か。

いえいえそれは
名のない草の
お宿をするよ。』
(金子みすゞ童謡集/ハルキ文庫)

普段生きていると何もかも嫌になって身もだえする時があります。
やるだけ無駄だと自棄になる日もあります。

音楽の才能がない、センスもない、精神的な強さもない。そんな事を考えてもキリがない。

それでも「何も持っていない」という事を分かった上で、努力を続け、何かを表現し誰かを支える事はできないだろうか。

もはや「いつかきっと出来る」と信じるほかないですが、この小説はそんな僕の気持ちをそっと支えてくれました。

『苦労も心配も悲しみも必ず来るものだが、それが大きな幸福を生み出すのだと信じるかどうかなのでしょう。私の平凡な七十三年の人生を振り返っても、まったくそのとおりだと実感できますよ』(下巻176ページ)

【あらすじ】(帯文より引用)
駅前に残された一台の自転車。家族に秘密を残して逝った父。
十五年後、父の足跡を辿る娘に、予期せぬ出会いが待っていた。
「縁」という不思議な糸が、命と命をつないでいく。
「北日本新聞」連載三年、待望の傑作長編。

------------------------------

【特別企画「オススメ本を教えて下さい」あとがき】

全5回に渡る特別企画「オススメ本を教えて下さい」は今週にて終了です。

いかがだったでしょうか。

僕には鋭い観察眼も洞察力もないので、とにかく「全て読み、自分の言葉で書く」という事を大切にしました。

なので、投稿した感想の中には自己本位で的外れな文章もあるかもしれません。

でも、正直なところ楽しい時間でした。
そして感想を投稿する中で色々な事を感じました。
それについて書き出すと長くなるので、それはまた別の機会に・・・。

オススメ本を紹介して下さった方、読んで下さった方、誠にありがとうございました。

これからも毎週月曜日に更新していきます。

次回は7/6(月)です。

読んで頂きありがとうございました。



[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-06-29 00:01 | 宮本輝 | Comments(2)

コンサートのご案内から。

b0145160_16203676.jpg



『バンブーフェス in やかげ ~竹で世界を感じよう~』

【日時】 2015年8月1日(土)12:30開場/13:00開演
【場所】 やかげ文化センターホール(岡山県小田郡矢掛町矢掛2677-1、地図)
【料金】 1000円(全席自由)
【プログラム】 スタジオジブリ作品(森悠也編曲)/渇きの海(三宅一徳作曲)/楽器紹介/町民参加コーナー
【問合せ】 0866-82-2100(やかげ文化センター)

尺八、竹マリンバ、アンクルン等、竹楽器によるコンサートです。
楽器紹介や町民の方の参加コーナー等、音楽をより身近に感じられると思います。
詳しくは、やかげ文化センターのHP(こちら)からどうぞ。

------------------------

では、このブログの特別企画「オススメ本を教えて下さい」の第4回目です。

『神々の山嶺』夢枕獏/著(集英社)

b0145160_1705559.jpg


本の感想の前に、ちょっと余談です。
本書を読んで思い出した学生時代のエピソードを一つ。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

二十歳の頃、僕は高知大学に通ってました。

とはいっても本分の学業はそっちのけ。サークル活動にばかり精を出し、真夜中まで部室にこもる不規則な生活。
そんなときサークルの後輩が「歩き遍路に行きませんか」と誘ってきました。

歩き遍路、それはつまり四国八十八カ所徒歩巡礼。
それを達成すれば「悟りの境地」を得るらしい。
おお、それ得たい・・・。

翌年、僕は卒業論文をほっぽりだし、歩き遍路の旅にでました。

徳島県の霊山寺に始まり、香川県の大窪寺に終わる約1200キロの旅。
期間は40日間。
1日のノルマは30キロ。
そして、朝は5時起き。

3日目で「これがあと1ヶ月以上続くのか」と嫌気がさし、1週間たつと体からは半乾きの汗の臭いがし、2週間たつと慢性的な筋肉痛になりました。

それでもご褒美の「悟りの境地」を信じ、約40日後ついに最後の札所・大窪寺に無事到着。

ついに迎えた結願。

これでもう一日中歩く必要も、野宿の心配も、早起きの必要もありません。
ああ、早く温泉入ってビール飲みたい。

・・・あ、いやいや、その前に確認する事が。

お待ちかねの「悟りの境地」の結果です。

そう、僕はその時、確かに悟っていました。

それは、

「一度歩き遍路をしたぐらいで悟りの境地になんかたどり着けない」

という事・・・。

そんな簡単に悟れるわけありません。
馬鹿な男です。


前置きが長くなりました。
『神々の山嶺』の感想です。

この小説は世界最高峰のエベレストにとりつかれた男たちの物語です。
歩き遍路と単純に比較はできませんが、世界で最も高いエベレストの頂上に立てば、人は何かをきっと得るでしょう。

しかもそれを前人未到のルートで誰の手も借りずに登るとすれば、得る可能性は急上昇。
もはや悟りの境地は当選確実です。

だって本文にもこう書いてあります。

『頂を踏んだ瞬間に、天上に妙なる音楽が鳴り響き、しずしずと答えが天空よりもたらされる』(下巻369ページ)

なんだ、エベレストに行けば良かったのか。歩き遍路じゃ駄目だったんだ。

そっか、今まで全然気づかなかった。

いやー、それを早く言って欲しかった。

自分は本当に馬鹿ですね。

本当に、どうしようもない馬鹿ですねぇ。

どこかに行くだけで何かを得られると、単純に信じてるなんて本当に馬鹿ですねぇ・・・。


【あらすじ】
ヒマラヤ山脈の麓、ネパールのカトマンドゥ。その街で、深町誠は一台の古びたカメラに出逢う。そのカメラはエベレスト登攀史を塗り替える歴史的遺品だった。
そのカメラに導かれるように深町の目の前に現れた孤高のクライマー羽生丈二。
羽生はかつての名声も過去も捨て、ネパールの地で生きていた---。
世界最高峰の頂、エベレスト。命の危険を冒してまで何故人はその頂点を目指すのか。
着想から20年。著者渾身の感動的長編。

------------------------

今週はこれにて以上です。
更新は毎週月曜日で次回は6/29で『田園発 港行き自転車』(集英社)の感想を投稿します。
読んで頂きありがとうございました。


[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-06-22 00:01 | 夢枕獏 | Comments(2)

出演コンサートのご案内から。
b0145160_22380923.jpg


【紀尾井のようこそ、邦楽!2015 和楽器をやってみよう】
日時 平成27年8月23日(日) 12:30開場/13:00開演
構成 13:00~14:30 ワークショップ(和楽器体験、水道管尺八作り、スランプラリー)
    15:00~16:00 和楽器オーケストラあいおいによるコンサート
    (コンサートのみの観覧も可能です)
料金 小中高生1000円/大人2000円/親子セット券2500円
問合せ・ご応募は紀尾井ホールHPからどうぞ

親子で楽しめる体験型イベントです。
和楽器体験は箏・尺八・小鼓・篠笛・三味線・薩摩琵琶と沢山の楽器を全て体験できます。
(こんなに和楽器が揃っている機会は貴重です。しかも演奏家が直に教えてくれます!)
夏休みの思い出にもなること間違いなしのイベントです。ご参加をお待ちしています。

------------------------

では、このブログの特別企画「オススメ本を教えて下さい」の第3回目です。

『たろちゃん(「僕とポーク」より)』ほしよりこ/著(マガジンハウス)
b0145160_22383082.jpg


ほしよりこの描く「不器用だけど優しい人」が好きです。
出世作の『今日の猫村さん』で言えばスケ番の尾仁子がそうだし、今回すすめて頂いた『たろちゃん』で言えば、主人公のたろちゃんのお父さんがそうです。

『たろちゃん』で描かれているお父さんは現代的な「パパ」ではなく、昔気質な「お父さん」として登場します。
一本気でちょっと亭主関白、でも不器用で本当は優しい。そんなお父さんです。

この漫画のあらすじは、たろちゃん(4歳)がインターネットが欲しいと駄々をこね、それに家族が巻き込まれていく、というお話です。

インターネット(パソコン)をねだるたろちゃんですが、お父さんの反応は好ましくありません。
『ペタンと薄くなる12万円のもんなんか必要ねえんだ!』(17ページ)
とお父さんに叱られてしまいます。

インターネットを否定的に見ているお父さんですが、その後、周囲からインターネットの事を聞くにつれて徐々に興味を持つようになります。

そこから先は実際に読んで欲しいので省きますが、物語の結末には「あったかい、すれ違い」があります。

頑固だったお父さんはインターネットを知るにつれ、欲しいと思うようになります。
でも一方で肝心のたろちゃんは、インターネットより大切なものを手に入れています。

すれ違ってしまうお父さんとたろちゃんですが、そこには暖かな家族の風景があります。
『たろがよ、本当に欲しがってるし』(70ページ)とついつい前置きしてしまうお父さん。
その不器用さが微笑ましく暖かです。

優しい気持ちになれる一冊です。

本書を教えて頂き、ありがとうございました。

------------------------
今週はこれにて以上です。

このブログは毎週月曜日に更新。
次回は6月22日で、『神々の山嶺』夢枕獏/著(集英社)の感想を投稿します。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-06-15 00:01 | ほしよりこ | Comments(0)

特別企画「オススメ本を教えて下さい」の第2回目です。


『やさしい訴え』小川洋子/著(文藝春秋)

b0145160_19161487.jpg


「あ、いいこと思いついた。」

「こりゃしめた。」

と、日常生活の中で良い考えが思いつく時がたまにある。
でも、それを言葉にしてみると、意外と陳腐で、がっかりする。

同じように、
「今日は尺八が上手に演奏できたな」

と心の中でニヤニヤしていたのに、録音を聴いてみたら、思っていたほどでもなくて、気落ちする。

まぁでも、また頑張れば良い演奏ができるだろうし、もっと考えれば妙案が見つかるかもしれない。
と、自分を元気づけてみる。
でも、もし、努力とは関係ない次元だったら、と思うと、すこし怖くなる。


小川洋子の『やさしい訴え』を読んだ。
この小説には三人の男女が登場する。

愛を求める女、愛する人を失った女、夢を諦めた男。
三人の男女は、それぞれ消すことのできない痛みを持っている。
そして、その痛みは癒される事がないという事にも、半ば気づいている。

それでも三人はお互いの痛みに、そっと優しさを差し出す。
慎重に他人との距離を計り、ある時は向き合い、ある時は見て見ぬ振りをしながら。

----------------------------
『わずかな救いは、二人がわたしを拒絶しなかったことだ。わたしのための場所を、慎み深くそっとあけてくれた。』(186ページ)
----------------------------

三人はお互いを気遣いながらも、時にはお互いを傷をつけあってしまう。
そして、それが故意であれ偶然であれ、どうしようもない事だと気づいている。

三人の関係は「じゃんけん」に似ていると思う。
ある時は勝っても、ある時には必ず負けてしまう。
どんなに強いグーでも、控えめに差し出されたパーに負けてしまう。
グーはパーにずっと勝てない。

-----------------------------
『残酷にもわたしは一瞬のうちに知らされてしまった。彼らだけの営みに紛れ込んでしまった自分を哀れに思った。そして昼間薫さんに浴びせた言葉がすべて何の意味も持たなかったことに気づき、たじろいだ。』(151ページ)
-----------------------------

希望や努力では、決してたどり着く事ができない事があると知ったとき、人はどうするんだろう。
どうしようもない事を抱えて、ずっとグーしか出せないと知りながら進み続けられるだろうか。


今回読んだ小説『やさしい訴え』は、決して明るい物語ではない。
むしろ暗い作品だと思う。

でも僕は、暗い物語には明るい物語では支えられないものを持っていると知っている。

「頑張れば良い事あるよ」と、気軽に言われたくないと思ってしまう日も、たまにある。
そんな時にこそ『やさしい訴え』を読んで欲しいと思った。


本書を教えて頂き、誠にありがとうございました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
今週はこれにて以上です。

このブログは毎週月曜日に更新。
次回は6月15日(月)で、『たろちゃん(「僕とポーク」より)』ほしよりこ/著(マガジンハウス)の感想を投稿します。

読んで頂きありがとうございました。


[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-06-08 00:01 | 小川洋子 | Comments(2)

昨日は中野区立江古田図書館の知的書評合戦ビブリオバトルに参加してきました。

今回なんと特別賞「江古田げんき賞」を頂きました!

b0145160_161566.jpg


僕の紹介本は『ぼくのともだち』エマニュエル・ボーヴ/著、渋谷豊/訳(白水社)でした。

とっても盛り上がりました。楽しかった。

--------------

では、今週から全5回の予定で、このブログの特別企画「オススメ本を教えて下さい」の第1回目の感想を投稿したいと思います。

『その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ』高橋克彦、杉浦日向子/著(PHP研究所)

b0145160_952527.jpg


この本は作家・高橋克彦と漫画家・杉浦日向子による対談集です。
僕にとって本書は「キーワード本」でした。

著者お二人の共通項は江戸。
前半は江戸っ子(特に町人)の自由気ままな生活ぶりについてが話題の中心です。
江戸っ子たちは悠悠自適。持ち家は持たず身軽な借家住まい。働くのは1日4時間位(う、うらやましい・・・)。朝から飲んで、いつもほろ酔い加減、などなど。呑気な江戸っ子たちです。
本書の前半は、そのようなトリビア的要素を盛り込みつつ対談が進み、江戸の日常を語り合っていきます。
後半に行くにつれ、少し専門的な話題も登場して来ます。

例えは、浮世絵、新聞錦絵、怨霊信仰。

その中で「浮世絵」がキーワードとして引っかかりました。
浮世絵について杉浦日向子が語った言葉が印象的だったんです。
引用します。

『晩年の北斎がスケッチをしていて、「俺は猫一匹満足に描けない」と漏らした。この「生涯精進」のエピソードはとても印象深い』

浮世絵の大家、北斎の意外な言葉。
名人をして、そう言わしめる浮世絵とはどんな世界なんだろう。覗いてみたい。
そんな気持ちになり「浮世絵」をキーワードとして、関連本も読んでみました。

『浮世絵鑑賞事典』高橋克彦/著(講談社文庫)

b0145160_954976.jpg


この本は高橋克彦による浮世絵入門書です。
浮世絵の創始者、師宣(もろのぶ)から始まり、幕末、明治初期までの主だった浮世絵師59人についての出自や人物像、作品紹介がされています。実際の作品も沢山掲載されており、内容は非常に充実しています。

そして何より好感を抱いたのは著者高橋克彦の浮世絵に対する姿勢です。本文を引用します。

『絵を理解する。そのためには知識は必要ではない。/大切なのはその一枚の絵が自分にとって好もしいものであるか、否かということで、それを見きわめるものは知識ではない。純粋にその絵が与えてくれる感動であり、美しさである。』

高橋克彦は浮世絵を歴史解釈の側面だけではなく、むしろ絵画として、人の心を動かす芸術作品として捉えています。
僕はこの考え方がとても好きです。

読み進めるうち、浮世絵を殆ど知らない僕にも好みの浮世絵ができました。
(浮世絵は著作権が切れているので添付します)


歌麿「青楼閣十二時 丑の刻」

b0145160_8432878.jpg


投げ出された草履から、遊女のけだるさや寂しさを感じます。


長喜「雪中秋色女」

b0145160_8434187.jpg


雪の降る様が美しく、そして、作中の二人の関係に想像を掻き立てられます。

『浮世絵鑑賞事典』を読み終え、そして、もう一度『その日ぐらし』を読みました。
すると、ある事を考えました。

それは『その日ぐらし』の表紙についてです。
『その日ぐらし』はハードカバー版が1991年発行で文庫版が1994年発行(PHP文庫)なんですが、文庫版になると表紙が変わっているんです。

ハードカバー版は冒頭に掲げた画像の通りなんですが、文庫版は下の画像の通り、少し緊張感のある表紙になっています。

b0145160_8442715.jpg


再読してみると、その変化に何となく合点がいきました。

この『その日ぐらし』は文庫版表紙の写真のように、水面に一滴の雫が落ち、その波紋が出発点となって、広がっていく本なのではないか、と思いました。

一滴の雫は、言い換えれば一つのキーワードであり、その波紋は未知の世界への入口に繋がります。
心のなかに一つの波紋を作っていると、それをもとに価値観が様々にリンクしていきます。
『その日ぐらし』は一つの言葉、一つのキーワードをもとに主体的に読み込んでいける本だ、と感じました。

ご紹介頂きました方、誠にありがとうございました。

--------------
今週はこれにて以上です。

このブログは毎週月曜日に更新。
次回は6月8日で、『やさしい訴え』小川洋子/著(文藝春秋)の感想を投稿します。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-06-01 00:01 | 複数著者など | Comments(0)