コンサートのご案内から。

b0145160_20285624.jpg


『竹の力 東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業生によるコンサート』

【日時】2016年4月15日(金) 18:00開場 18:30開演
【場所】紀尾井小ホール(千代田区紀尾井町6−5)
【料金】全席自由5000円
【チケット】
各出演者/ブライトワン03-5485-3802(平日10~17時)/紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061(平日・土10~18時)
【出演】
金子朋沐枝、武田旺山、清野樹盟、芦垣皋盟、安島瑶山、松﨑晟山、工藤煉山、戸川藍山、長須佳盟、神令、吉岡龍之介、田嶋謙一、遠藤頌豆、菊地河山、友常毘山、辻本好美、松岡幸紀、佐藤公基(尺八)
[特別出演]フランツ・バルトロメイ(チェロ)、[友情出演]川村葵山、大河内淳矢(尺八)
【曲目(予定)】
「鹿の遠音」、失われた「時」、「鳥の歌」、「竹の群像」、「覚」 他
【お問合せ】ブライトワン

東京藝術大学の尺八専攻卒業生有志によるコンサートです。流派を越えて集まった総勢20名による若手演奏家たちが、尺八の音の美しさや音楽の素晴らしさを舞台を通してお客様にお届けします。
特別出演として元ウィーンフィル首席チェロ奏者のフランツ・バルトロメイ氏をお迎えします。
チケット絶賛発売中です。

-------------------------------------------------

今週の本です。


『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』アダム・グラント/著、楠木建/監訳(三笠書房)

b0145160_20441674.jpg


この読書ブログでは多分初めて紹介するビジネス書になります。
読もうと思ったきっかけは読書会で知り合った方が「去年読んだ中で最も面白かった」という一言でした。

本書の内容を簡単に言うと
「人間には三つのタイプがある。それはギバー(惜しみなく与える人)、テイカー(自分の利益を優先する人)、マッチャー(損得のバランスをとる人)の三つ。その中で最も成功を収めるのは一体どのタイプか?」
という疑問を考察する本になっています。

ところで皆さんはこの三つタイプで最も成功するのはどのタイプだと思いますか?

聖人のようなギバー、利益優先のテイカー、バランス重視のマッチャー・・・。

さあ、どれでしょう?

答えを言うと実はこの中で最も成功するのはギバーなんです。
そして、この答えには続きがあって、成功から最も遠いのもギバーなんです。

「えっ?どうして?」と、疑問を抱く方もいらっしゃると思います。

詳しくは本書を読んで頂きたいのですが、ごく簡単にいうと『成功するギバーは「自己犠牲」ではなく、「他者志向性」を持っている。』という部分に集約されていきます。

他人が本当に求めている事に思いを巡らせ、その上で決して自己満足や自己犠牲には陥らないようにする事。

例えば友達に贈り物をする時、一方的に自分が良いと思うものを贈っても友達からは良い反応が得られない場合もあると思います。

そこで大切になるのは、自己本位にならず他者志向性のあるギバーになる事です。
他者志向性のあるギバーは他人が本当に求める事を理解しているので、贈られた側からは嬉しい反応が得られ、もっと人に与えようと考えるようになります。
そして贈られた側も「あんなに良くしてくれたのだから、心をこめてお返しをしてあげたい」と考えるようになります。

本書では自己犠牲型のギバーに陥らない方法やテイカーやマッチャーが成功するギバーになる方法についても言及されています。

自分が向上し行動を起こすきっかけになる良書だと思います。

ご紹介して頂いた方に心から感謝申し上げます。

-------------------------------------------
今週はこれにて以上です。

更新は毎週月曜日。

次回は2月1日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2016-01-25 00:01 | アダム・グラント | Comments(0)