『世界のニュースなんてテレビだけでわかるか!ボケ!!・・・でも本当は知りたいかも。』さくら剛/著(いろは出版)

b0145160_16371012.jpg



「リーマンショック」「ギリシャ危機」「イスラム過激派」「レアアース」などなど、ニュースで一度は耳にした事がある言葉たち。

でもそれを説明して下さい、と言われたら・・・。

たぶん「リーマンショックとかいう、なんだか大変な事があって・・・」「ギリシャ危機とかいう、すごい深刻な事があって・・・」「イスラム過激派とかいう(以下同文)」という情けない状況になりそうです。

いい大人なんだから理解しておかねば・・・とは思うものの何を読んでいいのか分からない。

そんな時に出合ったのが本書です。


-------------------------
『時事問題の本は難しい。入門書ですら難しい。せっかく学ぶ気になったのに、簡単な本が無い。それなら・・・・・・・・。自分で書いてやる!!自分にもわかる本を自分で書いて、その本を読んでやる!!!』(まえがきより)
-------------------------

上記引用のとおり、この本は初歩の初歩から時事問題が分かる本になっています。

著者いわく、「猫でもわかる経済学」のようなタイトルの本より分かりやすい、との事。

本文ではリーマンショックをアイドル握手券を使って説明、ギリシャ危機は婚活パーティに例え、レアアースはスーパーマリオを引き合いに出しています。

読めば読むほど・・・、ああ、確かに分かる。分かる。分かります!
なるほど、そういう事だったのか、の連続です。

最終的には下記のようなリーマンショックの一般的な説明文
『住宅バブルの中で担保価値の上昇を前提に多くのサブプライムローンが組まれ、その債権を投資銀行が買い取り証券化、その証券化商品にS&Pなどの格付け会社がAAA格など高い信用格付を付与。しかしバブル崩壊により金融不安が広がり大手投資銀行のリーマン・ブラザーズが破綻、世界中を金融恐慌が襲った。これがリーマンショックである』(16ページ)
も理解できるようになりました。

分かりやすさと即効性を兼ね備えた本書。

時事問題の入門にうってつけです。

-------------------------
今週はこれにて以上です。
更新は毎週月曜日。
次回は11月9日。
読んで頂きありがとうございました。


[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-11-02 00:01 | さくら剛 | Comments(0)