コンサートのご案内です。

2/7(土)に山梨県甲州市にある甲州市立塩山図書館(えんざんとしょかん)にて知的書評合戦ビブリオバトルのイベント内でミニコンサートを致します。
ちなみに僕はビブリバトルの発表者としても参加します。
以前からコンサート×ビブリオバトルをしてみたいと思っていたので今から楽しみです。
ちなみに入場無料です。

b0145160_13422322.jpg



イベントに関しては甲州市立図書館のページをどうぞ。

---------------------
先週は練馬区立小竹図書館に行ってきました。
新春ということもあり「本の福袋」という企画をされていました。
気になった一袋を借りてきました。(ちなみに貰える訳ではなく、借りられるだけです)

b0145160_13503599.jpg



右下のメモにはこんなコメント。

b0145160_1353268.jpg



「シュール」×「絵本」。
なんて素敵なコメントだろう。
ウキウキ気分で開封すると

b0145160_13545494.jpg



面白そうな絵本が三冊登場。
ちなみに詳細は三冊ともヨックム・ノードストリューム/作、菱木晃子/訳の絵本で「セーラーとペッカ、町へいく」「いったいどうした?セーラーとペッカ」「セーラーとペッカの運だめし」(全て偕成社)でした。
(ちなみにスウェーデンでは、とても人気のある絵本だそうです。)

さっそく読んで見ました。
特に気に入ったのがこちら。

b0145160_1412875.jpg



元船乗りのセーラーと愛犬のペッカ。一人と一匹。ほのぼのコンビのお話です。
ある日体調をくずしたセーラー。それを心配して薬を買いにいくペッカ。
早く薬を買わなきゃいけないのに何故か途中で風船売りとのやり取りがあったり、道に落ちてる靴を履いて持ち主から怒られたり・・・と、なんだこの展開?(しかもこの展開が後で回収されたり意味を持って来たりしません・・・シュール・・・)

そして体調が良くなったセーラーの所に近所に住むジャクソン夫人がやってきて一緒にダンスを踊って終わり。

というお話です。
意味分からないのにすごく可笑しくて、ほのぼのして、理屈じゃなくて感性に届く絵本でした。
言葉じゃ説明しづらいので実際に読んで貰いたい絵本です。

今日はこれにて以上です。
毎週月曜日に更新。次回は1/19です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-01-12 06:23 | ヨックム・ノードストリューム | Comments(0)