b0145160_14060652.jpg

穂村弘「ぼくの宝物絵本」(河出文庫)にはシュール&ナンセンスな絵本が山ほど紹介されていて、とても面白い一冊。

そもそも、絵本界には「めでたしめでたし」系の民話的なものや、ハッピーエンド系、教育的配慮系などが多い一方で、それに負けないくらいシュール&ナンセンス系も多い。

たとえば長新太の作品たち(例えばゴムあたまポンたろう)とかヨックム・ノードストリュームの作品たち(たとえばセーラーとペッカシリーズ)とか。

出てくる登場人物の行動には意味がなかったり、脈絡がなかったりすることばかりです。
(ゴムあたまポンたろうは主人公がゴムあたまで飛び跳ねるだけだし、セーラーとペッカではいきなり近所のおばさんと踊り出して絵本が終わる)

でも、そこには「めでたしめでたし」系にはない魅力があります。

穂村弘は本書131P「『めでたし』への不参加」の章で、そんなシュール&ナンセンス系の絵本の魅力を、長新太の自由な作風に通してこんなふうに言っています。



この風通しの良さの正体は、おそらく「めでたし」を支える社会的な呪縛からの解放感なのだろう。長新太の作品の多くからは、手柄や出世や居場所や愛や生き延びることだけがこの世の在り方の全てではない、という声がきこえてくるようだ。



たぶん、僕がシュール系絵本を好きな理由も、このあたりのことが強いと思われます。

そして、上記のような頭で考える魅力とは別に、より直接感じる魅力があります。

それは「絵」です。シュール系には絵が良いことが多いんです。

たとえば

b0145160_14061251.jpg
「ねこのセーター」及川賢治、竹内繭子(文溪堂)

b0145160_14342202.jpg

「ジャリおじさん」大竹伸朗(福音館書店)

とか。

好みの問題もあるとは思いますが、僕にとっては色使いや筆使いの自由さがたまりません。


夏のあつさに疲れたら、シュール&ナンセンス系絵本で脱力するのをおすすめします。



[PR]
by mamesyakuhachi | 2017-07-24 00:01 | 穂村弘 | Comments(0)

b0145160_10170344.jpg


「これは内緒だけど。」

…と言われると、興味をそそられます。
ですが、出来れば聞きたくないです。
なぜなら、ついつい他人に話したくなるからです。

でも、それより面倒なのは
「内緒にしといた方がよさそうな雰囲気の話」です。

明確な束縛がないだけに、扱いが内緒話より難しい。
微妙に親しくない人や気まずくなる人と一緒のときに、話のネタが無くてつい話してしまう事があります。

そして、すぐに後悔。

あー、早く器用な大人になりたい。

-----------------------------------

穂村弘 「本当はちがうんだ日記」(集英社)


b0145160_10171810.png


本当はちがうんだー…、と僕もよく思います。



電車の中。
先日、僕の向かいの席に真面目そうな女性が座って読書をしていました。
そのタイトルを見ると
「風と共に去りぬ」
僕はいじっていた携帯をそっと鞄にしまって、
川端康成「雪国」をおもむろに、
そして僅か(ほんとに僅か)ばかり表紙が見えるように読み始める。
…って向うは全く気にしてないから。



街中で。
真面目なトーンで「はい。…そうです。」と電話をしてる男性。
きっと仕事の電話です。
「そうです。」という言葉を聞くたび頭の中に、いつも余計な一言が浮かんできます。
「そうです。…わ、わたしが…変なおじさんです!」と言ってくれないかな…と不謹慎に思ってしまいます。
言うわけないよな。そんな事。



演奏会。
学校公演や和楽器普及コンサートのMCで
「今日初めて和楽器を聴く人、手を挙げて下さ~」と言う時があります。
なのに逆に自分が観客になった途端、同様の質問には手を上げない…。
だって恥ずかしいんです。
なんか自己矛盾…。こんな事でいいんでしょうか。



カラオケ。
好きですが苦手です。
まず選曲に迷う。
マイナーな曲、長い曲、やたら暗い曲…自分勝手は駄目だと思い、なるべく慎重に選曲します。
そして意を決し、これだ!と思い入力。順番が来て、歌い始め、曲は中盤へ。
画面に「間奏 30秒」の表示。
…なぜこんなに間奏が長いのでしょうか。
スピーカーから流れるギターソロ、ピアノソロ。僕は為す術なく薄笑いで佇む…。
絶望的に気まずい時間。とても耐えられません。



そんな「ほんとは違うんだ…!」と、思う方々に本書を強く推薦します。




今日はこの辺で以上です。
毎週月曜日に更新。
次回は5月12日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-05-05 10:51 | 穂村弘 | Comments(0)