カテゴリ:makomo( 2 )

『くつ下』makomo/著

久々に中野の聖地、中野ブロードウェイに行ってきました。

3階の怪しげな書店「タコシェ」で欲しかった本を購入。

makomo「くつ下」

b0145160_21102957.jpg



シュールだけどちょっと笑顔になる絵本です。

著者が自由にイメージしたいろんなくつ下がでてきます。
(ちなみに特にストーリーはありません)

中身を少し紹介します。

普通のくつ下
b0145160_21133467.jpg



赤いくつ下
b0145160_21143333.jpg




素敵なおじさんがプレゼントをくれました。
b0145160_2115413.jpg



青いくつ下・・・何か噛んでる
b0145160_21153555.jpg



のぼってきた・・・あぶない
b0145160_2116153.jpg




こんな感じでいろんなくつ下がでてきます。
和やかな気持ちになります。

一緒にこちらも購入
b0145160_21164423.jpg


同じ著者makomo「ロマンチック公園」そして「かる太」

ちなみに購入できるお店は限られています。
気になった方はmakomoのホームページへどうぞ。

今日はこれにて以上です。
毎週月曜日に更新。次回は12/22です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2014-12-15 02:06 | makomo | Comments(0)

『ンーパ』makomo/著

東京は梅雨で、不安定な天気が続いてます。

今回は半年くらい前に中野ブロードウェイで購入した本を紹介します。

といっても本の中に文字は無く、絵だけですが。

makomo「ンーパ」

b0145160_1133497.jpg


です。

買ったお店のブログで中身を少し見る事ができます。

不思議な味わいがあります。

すごくいい意味で下らないというか、感覚に訴える面白さがあります。

蛇足ですが題名の「ンーパ」が「ンーパッ」だったら何か違うものになるよなぁと思いました。

「パ」で止めると、ちょっと締りがなくて、ゆるくて良いですよね。

そしてまた ひらがなで「んーぱ」だと緩くなりすぎるかなとも思います。


同じ作者の「くつ下」も気になるところです。

紹介2作品目で文字が一切ない本の紹介もどうかと思ったんですが、気に入ってる本なので紹介してみました。


次回は少し重めの本を紹介したいと思います。

更新は7月1日にします。・・・と宣言することで自分に負荷をかけてみます。

では また。失礼しました。
[PR]
by mamesyakuhachi | 2013-06-27 11:25 | makomo | Comments(0)