月刊住職



つい先日、東京新聞を読んでいたらこんな記事が。

「『月刊住職』500号突破 刺激的見出しネットで話題」

b0145160_12172474.jpg



記事を読んでみると

「『檀家の死を予見できるか』『僧侶の薬物汚染に寺門の危機』雑誌を開くと、刺激的なタイトルが次々と飛び込んでくる。」

おお、確かに刺激的。

記事によると「月刊住職」の編集長は現役のご住職でもいらっしゃる矢沢澄道さん、とのこと。

こういった刺激的な見出しについては、

「見出しは奇をてらって付けているわけではない。住職らに興味深く読んでもらえるようなテーマを取材しているだけ。」

とのこと。

なるほど、うーむ。
「月刊住職」めちゃくちゃ読みたい・・・。

でも、残念ながらこの雑誌、
「一般書店にはほとんど並んでおらず、全国の住職ら定期購読者が主な対象」とのこと。

・・・・うーん。
どうしたものか、と思っていたら。

なんと、文京区立図書館に所蔵していることが判明。

さっそく借りてきました。
(ちなみに余談ですが、「あの本読みたいけど地元の図書館に無いな~」とか思っていると大抵文京区立図書館にあったりします。・・・住みたいぞ文京区。)

b0145160_12173989.jpg



さっそく見出しを見てみると
「開運詐欺商法に多くの寺院住職が加担しているのは本当か」
「寺の収入では暮らせない住職窮乏」

といった刺激的な見出しから

「住職の切り絵で正月を迎えよう」

というほのぼの記事に、

「どのお寺も必須 マイナンバー対策」
「いまさら師匠に聞けないこと」

というお役立ち情報まで。

実際に読んでみると、タイトルは単なる露悪趣味としてつけているわけではなく、あくまでも興味を持ってもらうための入口という印象。
記事はきちんと取材されて練り上げられていました。

「開運詐欺商法に多くの寺院住職が加担しているのは本当か」(2015年8月号)では、事件被害者を担当する弁護士への取材のみならず、関わりのあったとされるお寺への聞き取りなど、かなり突っ込んだ取材内容になっています。
外部のジャーナリストが作る雑誌ならまだしも、同業者の方がこういった雑誌を作られている姿勢は凄いと思いました。

そして本好きの僕が最も興味深々だった記事が「住職の2014年最も印象深かった本」(2015年10月号)です。

ご住職たちの挙げられた本でやはり多かったのが仏教書。

たとえば

弘法大師御影の秘密」「浄土真宗の儀式の源流『法事讃』を読む」「般若心経の智慧

などなど。

さらには仏教とは違った本で

宇宙物理学の最前線

といった科学書を挙げられるご住職も。
(ちなみにこの「宇宙物理学の最前線」を挙げられたご住職は御年76歳です。・・・す、すごい。)

はたまた、あるいは

役人に学ぶ『闇給与』のススメ」「お寺の収支報告書」「自力本願で税理士

といった会計学に関する本もありました。

ちなみに沢山のご住職が「印象深かった」と挙げられていたのが

葬式仏教正当論」と「教誨師」の二冊でした。


・・・と、ここまで「月刊住職」について書いてきたので、このブログを読んでくださっている皆さんもきっと「月刊住職」を読みたいと思われたんじゃないかと思います。

気になる方は発行している株式会社 興山舎のHPをご覧になってみて下さい。

http://www.kohzansha.com/jimon.html


----------------

今週はこれにて以上です。
更新は毎週月曜日。
次回は6月6日です。
読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2016-05-30 00:01 | 複数著者など | Comments(0)