天狼院ファナティック読書会

日曜日は池袋にある天狼院書店にて、ファナティック読書会というものに参加してきました。

初参加の読書会でしたが、皆さんフレンドリーでとても楽しい時間でした。

今回の読書会のテーマは「もし世界1周にいくとしたら、あなたはどの本を持っていきますか?」というもの。

各々が「これは!」と思う本を持ち寄って、2時間ばかりの本談義。
(ちなみに参加された方は10名くらい、年齢層は20代~40代くらいでした。)

小説、歌集、ビジネス書に理工書、マンガにエッセイなどなど。
様々なジャンルの本が紹介される中、ひと際盛り上がったのが、この本でした。


b0145160_16484974.jpg


高校世界史の副教材『詳説 世界史図録』(山川出版社)です。

紹介された方は旅行会社に勤められていて、お客様から旅行後に「事前に勉強してから史跡を観光できたら、もっと楽しめたかもしれない」という声をよく聞くそうです。

そこで世界1周に行くならば世界中の歴史と文化が網羅されている本書はうってつけ、というわけです。
しかも全ページフルカラーで写真も豊富。
高校生向けなので文章も分かりやすい。

そして、なんと言っても一番盛り上がったのは本書の値段でした。

約350ページ、フルカラー。

値段はなんと。


860円(税別)!!


参加者の方々からは「安い~!」「欲しい~!」の声が続々。

僕もとても欲しくなりました。高校の教材ながら一般書店でも購入できるそうです。

(ちなみに僕が紹介した本は『短歌の友人』穂村弘/河出文庫でした。一読では理解しきれなかった本なので、世界1周してる間にじっくり読みたい、というのが理由です。)

---------------

読書会に参加すると意外な本との出合いがあって楽しいです。
本を通じて他業種の方と交流できるのも良い点です。

今年は本関連イベント(読書会、古本市、ビブリオバトル)に積極的に参加したいと思っています。

---------------

今週はこれにて以上です。

更新は毎週月曜日。
次回は1月18日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2016-01-11 00:01 | 複数著者など | Comments(0)