『宇治拾遺物語(日本文学全集08/池澤夏樹編より)』町田康/訳(河出書房新社)

古典文学はとっつきにくい・・・。

そんな気持ちをふっ飛ばす新訳があります。

『宇治拾遺物語(日本文学全集08/池澤夏樹編より)』町田康/訳(河出書房新社)

b0145160_20501576.jpg



2015年9月発行、作家・池澤夏樹の個人編集による日本文学全集、第8巻。
この中の宇治拾遺物語、作家・町田康の新訳が非常に奇抜、ファンキーでぶっ飛んでいます。

-------------------

『最高。今日、最高。でもオレ的にはちょっと違う感じの踊りも見たいかな』(213ページ)

『マジ、出家しよ』(259ページ)

『非常に美味だったので出家の身でありながら大量に食べてしまいました。テヘペロ』(290ページ)

-------------------

少し抜粋しただけでも、その奇抜さを感じると思います。

ちなみに宇治拾遺物語とは
『13世紀前半頃に成立した、中世日本の説話物語集。「今昔物語集」と並んで説話文学の傑作とされる。』(Wikipediaより)
です。

しかしながら説明文を読んでも、中々読みたいとは思いませんよね。

宇治拾遺物語には『こぶとりじいさん』や『わらしべ長者』といった親しみやすい物語も入っているのですが、いかんせん「宇治拾遺物語」というタイトルからイメージされるのは「難しそう」「古典」、時には「退屈」といったものだと思います。

そもそも古典が退屈だと感じるのは「昔の人の感覚が現代人の感覚とかけ離れていて感情移入できない」という部分だと思います。

そんな中、今回の町田康による新訳は現代的で斬新かつポップ。そして何より現代人が読んでも笑ったりドキドキしたりできる現代語訳になっています。

国から認められていない僧を『インディーズ系の僧侶』(224ページ)と表現したり、貴族の家臣の中で中心的な人物を『チーフっぽい男』(239ページ)と意訳する今回の新訳。

中身が気になる方は河出書房新社のホームページで『奇怪な鬼に瘤を除去される』(こぶとりじいさん)を無料で読むことができます。→こちらです。

この機会にぜひ古典に親しんでみてはいかがでしょうか?

--------------

今週はこれにて以上です。
更新は毎週月曜日。
次回は10月26日。
読んで頂きありがとうございました。

[PR]
by mamesyakuhachi | 2015-10-19 00:01 | 町田康 | Comments(0)