『ときめかない日記』能町みね子

最近は能町みね子にはまっていて、立て続けに何冊か読みました。

b0145160_10121455.jpg


能町みね子の魅力は「ちょっと暗い」ところです。文章や絵は一見気楽なのに、そこにはいつも少し暗さが漂っています。

『ひとりごはんの背中』(講談社)では持病「ポジティブあたり」(ポジティブな人に会うと抑鬱感や偏頭痛をおこすこと)になったり、『逃北 つかれたときは北へ逃げます』(文藝春秋)では寂しい北国を訪れて「やわらかいあきらめのような気持ち」を感じたりしています。

能町さん、ちょっと陰気…。でも、そこがいい。暗さを作品に昇華し、時には笑いにしています。

そして能町さんの作品で最も好きな本がこちら。

『ときめかない日記』(幻冬舎文庫)

b0145160_10122878.jpg


こちらは26歳のOLを主人公にした恋愛マンガです。
が、タイトルの通り「ときめき」は全くない恋愛マンガになっています。当然、運命的な出会いも恋愛の高揚感も一切なし。
あるのは痛々しい現実だけです。

主人公は「年齢=彼氏いない歴」のOL・めい子。26歳の今まで誰とも付き合ったことがなく、このままでは一生処女かもしれないと悩んでいます。

いつも他人と比べてしまうめい子。コンプレックスの塊のような彼女は焦る気持ちばかりが先行し、迷走していきます。

めい子は「とりあえずセックスだけはしなければ、それをすれば何かが変わる」と思いこみ、出会い系サイトに登録したり不倫に走ったりします。

当然うまくいくはずもなく、もやもやを抱えたまま物語は進行します。

結末は読んで欲しいので詳しくは伏せますが、めい子が少しだけ前に進むような感じで終わります。が、読後感は爽快とは言い難く、もやもやばかりが残ります。

でも、ハッピーエンドの物語より、よっぽど現実的な結末をむかえます。未解決なものが沢山のこりますが、それでも世の中は続いていく感じがリアルで、僕はそこに好感を抱きます。

読書の秋。ちょっと変わった能町ワールドなんていかがでしょうか。

--------------
今週はこれにて以上です。
更新は毎週月曜日。
次回は10月12日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
Commented by at 2016-04-07 21:12 x
謹言


尺八の音色残らぬ耳の内 川辺の風と共に去りにき
by mamesyakuhachi | 2015-10-05 10:19 | 能町みね子 | Comments(1)