村上春樹など

土曜日は渋谷の公園通りクラシックスにて「えりか祭り…躍るアホウ アラブ・トルコの夜」に参加してきました。

b0145160_2037878.jpg


終演後の一枚です。左から篳篥の中村仁美さん(HP)、箏・三味線の竹澤悦子さん(HP)。

僕は最初は観客、途中から飛び入り出演しました。
ステージは全てインプロビゼーションという、僕にとっては誠に未知な舞台でした。

でも、正直楽しかった。
ステージは序盤は混沌としながらも徐々に妙な現実感が立ち上がってきて、踊り手と楽器から様々なストーリーを感じました。
素晴らしい舞台に参加できた事が本当に光栄でした。

そして、たくさんの元気を頂きました。
今日からまた頑張れそうです。

----------------------------

b0145160_2040737.jpg


村上春樹が好きなんです。

でも、あまり大きな声では言えません。
有名すぎて気恥ずかしいんです。

僕にとって村上春樹の魅力は「面白くて、気づいたら読み終わってしまう。でもよくわからない」というところです。

よく分からないのに読んでいて良いのだろうか、というモヤモヤした気持ち。
そんな釈然としない気持ちに答えてくれるサイトがあります。

それは村上春樹の期間限定サイト「村上さんのところ」です。
(ちなみに間もなく5/13に終了予定です)

村上春樹と読者とのやり取りがサイト上で行われています。
僕と同じような気持ちで村上作品を読んでいる方もいました。

それでも読まずにはいられません

村上春樹の返事、
『たぶんそこで大事なのは、「わけがわからない」ものを、わけがわからないなりに、しっかり受け止められる力です』
この言葉に元気を貰い、ああ、好きに理由がないのと何か似てるな、と思いました。

ところで、先日、東京新聞に村上春樹のインタビュー記事が載っていました。
最近自分が考えていた事を代弁してくれている様な記事でした。
引用します。

『何かを新しくつかみ取ろうとすれば、プラスの分だけ、必ずネガティブなものが生じるんです。プラスのものを確保しようと思えば、ネガティブなものも代償行為として引き受けなくてはいけない。そうしないと、人は生きている意味がないと思う』(東京新聞/2015年4月22日朝刊)

小説の世界ってネガティブな事が沢山書かれているんですよね。

僕はずっと自分のネガティブさに悩んでいました。
それを救ってくれたのはネガティブな小説達でした。
それはもちろん村上春樹であり、遠藤周作であり、太宰治であり、西加奈子でした。
読書を通して感じた「ネガティブからしか生み出せないプラス」は今まで体験した事のない自己肯定感でした。

僕はこれからも小説を読みたいです。
小説は惨めな僕を救ってくれました。そして、これからもきっとそうでしょう。
小説に出会えて本当に嬉しいんです。

----------------------------

先週このブログで募集をした「オススメ本を教えて下さい」の企画。
5月20日の締切ながら、今現在、なんと、

応募、0冊、です!

あああ。

やっぱり応募しづらいのかな、と反省。
でも、まだ締切前。5月20日まで引き続き募集します。

僕は書評家ではないので立派な事は書けませんが、ご応募を頂いたら大切に読ませて頂き、このブログで感想を書かせて頂きます。

このブログのコメント欄かフェイスブックでご応募をお待ちしています。

----------------------------

今週はこれにて以上です。
更新は毎週月曜日。
次回は5月18日です。
読んで頂きありがとうございました。

[PR]
Commented by 米原文子 at 2015-05-11 08:44 x
おススメの本、色々考えているうちに時間がたってしまい、もう締め切ったかな~と思ってました。
私が一番最近に読んだ宮本輝さんの「田園発港行き自転車」
好みが分かれると思いますが、いいな~と思いました。
あと高橋克彦さんと杉浦日向子さんの「その日ぐらし」
古い本なのであるか分かりませんが、おススメです。
書き出したら止まらないのでここらへんで終わります。
Commented by mamesyakuhachi at 2015-05-12 18:18
教えて下さってありがとうございます!初めてのご応募で、いま凄く嬉しいです。
「その日ぐらし」も探したところ最寄りの図書館にあるようです。
宮本輝さんはいつか読んでみたいと思ったまま未読でしたので、今から楽しみです。
本当にありがとうございます。
Commented by 田中裕子 at 2015-05-14 08:35 x
こんにちは、私のオススメ本は、夢枕獏さんの「神々の山嶺」と小川洋子さんの「やさしい訴え」です。どちらも読んだのはかなり前ですが、印象深く好きな本です。オススメって考えているときりがないので、何となく記憶の中からインスピレーションでこの2冊にしました。
Commented by mamesyakuhachi at 2015-05-15 11:03
ありがとうございます!
オススメって考え出すと止まらないですよね。僕が逆の立場だったら「あれも良いし、これも良いし・・・」とずっと考えていると思います。
オススメ本として教えて頂いた2冊はどちらもまだ読んだ事がないので、どちらも大切に読ませて頂きます。
本当にありがとうございます。今から読めることが楽しみで仕方ありません。
by mamesyakuhachi | 2015-05-11 00:01 | 村上春樹 | Comments(4)