『羊どろぼう』糸井重里/著

昨日は無事に「やわ風ファーストコンサート」が終了しました。

終演後の一枚。



b0145160_18514944.jpg


左から、ユニットきっての正直者・琴の渡部祐子、雰囲気担当盛り上げ役・ソプラノの後藤真美、芯がしっかり裏リーダーのピアノ&作曲の木下愛子、そしてなぜかリーダーの僕、遠藤直幸です。

ご来場頂いたお客様、誠にありがとうございました。

コンサートはクラシックのアレンジ物とメンバーによるオリジナル曲を中心に演奏しました。
僕もオリジナルを二曲作曲。すごく大変でしたが、実際に音になって演奏される瞬間はやはり嬉しいです。
(ちょっと気恥ずかしくもありますが…)


今回たくさん苦労もありましたが、コンサートとして形になったことを本当に嬉しく思っています。
「やわ風」として共に演奏したメンバー、そして支えて頂いた方々に感謝感謝です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本を買うか、借りるか。

どっちにしようか。

決める基準はいろいろですが、買うとなると中身の面白さ以外の要素も重要だったりします。

普段は図書館から借りる事がほとんどですが、今日の本は購入した本です。

買う決め手になったのは装丁の良さと紙の肌触りの良さです。
いや、もちろん内容も好きなんですけど。


糸井重里「羊どろぼう」(Hobonichi Books)

b0145160_02243868.jpg

この本は糸井重里さんが、ほぼ日刊イトイ新聞に書いた一年分の原稿とツイッターから、こころに残ることばを選んでまとめた本です。
短い言葉たちや詩のようなものが写真や絵と一緒に綴られています。


『ものごとは、新月のときにはじめるといいらしい。
種まきだからだって。ジル・サンクロワさんから聞いたんだ。』


この本の好きなところは言葉の選び方です。
読者に対して、きちんと距離をはかりながら言葉を選んでいる感じがします。


上記引用の『聞いたんだ』という部分が好きです。
とある少年が大人の言葉を借りて背伸びしてるような雰囲気。
童話的な広がりと少しの可笑しさを感じます。


『それは、「みそ汁」が、ただ味噌と水があればいいのではないのと、けっこう似ています。』


著書の選んだ言葉たちは断定的な言葉もあれば、「かもしれない」や「と思ってます」という言葉たちが多いのも魅力的です。

自分のものさしと虫メガネで世界を興味深く暖かに見るような、著者の優しさを感じます。

購入して良かったです。

ちなみに本書の紹介をYouTubeで見ることができます(ちなみにこちらです)。
テーマ曲は僕の好きなアーティスト、栗コーダーカルテットです。

栗コーダーカルテットはユニットとしての空気感やスタイルがあって憧れます。


今日はこれにて以上です。

毎週月曜日に更新。次回は7月28日です。

読んで頂きありがとうございました。

[PR]
Commented by at 2014-07-21 20:20 x
リーダーお疲れ様でした。このメンバー好きです!ありがとうございました。
写真に母ひょっこり、ウケる。
Commented by mamesyakuhachi at 2014-07-21 22:46
こちらこそ、ありがとうございました。
とっても楽しかった。
写真ほんとだ。しかもちゃんとカメラ目線・・・!(笑)
by mamesyakuhachi | 2014-07-21 18:58 | 糸井重里 | Comments(2)