b0145160_05490810.jpg
展覧会に行きまくっていたら、家でも美術を楽しみたいという気持ちがムクムク湧いてきました。

と言っても絵画を買う余裕なんてそもそもないし、画集だって値段は高い。

じゃあ古本なら少しは安いに違いない、そう思って探し出しました美術書専門の古書店。

東京の飯田橋にあるアルテリアというお店です。




敷居たかそうですけど、たくさんの画家の作品があるみたいだし、行ってみよう!

b0145160_05483765.jpg

……チャリで!

野を越え、山越え

b0145160_05485478.jpg

はい、40分かけて到着です。

入るぞ…、と思ったら

b0145160_05484258.jpg

まさかのク、クローズ??

HPには平日19時までって書いてるのに…(行った日は平日の18:30頃)

うーん、でも中の灯りはついているから、意を決してGO!


……そしたら、ちゃんと営業中でした。

ちょっと緊張しながら入ると、意外にも満面の笑顔で迎えてくれたの店主さん。
(ちなみにクローズの札はうっかりしていただけ、とのこと)

店主さんの笑顔に背中を押されて、目当ての画家を聞いてみることにしました。

「あ、あの、サイ・トゥオンブリーありますか?」

「ああ~、ありますよ。このまえ売れちゃったから少しだけ、ですけど」

そして三冊みつけて頂きました。その中に特に良かった画集が一冊あったんですが、値段が2万円越え……。

思わず「高いっすね~!?」と口がすべってしまったのに、店主さんは少しも嫌な顔をせず「そうですね~」と笑顔のまま。

そんな姿勢にまた背中を押されて

「パウル・クレーはありますか?」と聞いてみたら

「ありますよ~。こっちですよ~。」とのお返事。

ということで見つけたのが下の図録。

b0145160_05492660.jpg

きっと高いんだろうな……と思ったら

なんと600円。

えっ…!やすっ!

店主さんいわく「この図録は佐谷画廊という所で開催された展覧会のときのものです。佐谷画廊は今無いのですが、すごく良い画廊だったんですよ。」

とのこと。早速購入。

続いて、店主さんに現代美術のオススメを伺ってみたところ

「うーん、オススメって難しいですね。ご自分で見て選ばれるのが良いと思いますよ~」

とのお言葉。そりゃそうですよね。

そんな中でお店の中から選んだのが下の二冊

b0145160_05493050.jpg

左が「セゾン現代美術館コレクション選」で右が「抽象表現主義展」の図録です。

中を開いて見ると、

b0145160_05493539.jpg

いいっす!

こんな立派な本なのに値段はそれぞれ1000円前後でとてもお手頃。

家でパラパラめくれば僕の生活にも潤いが生まれること間違いなし(!?)です。

よし、今度はお金を貯めてサイ・トゥオンブリーを買うぞ。

……というよりアルテリアで自分の好きな絵を探すだけでも楽しい時間かもしれない。

また行ってみよう~。






[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-06-26 00:01 | 美術館 | Comments(0)

b0145160_10071583.jpg

先日の金曜日は僕が企画・プロデュースをしている練馬区立春日町図書館「夜の音楽会」でした。

今年で3年目になるこの音楽会は受付開始から数日で予約が埋まる人気企画になっています。

今回ご出演いただいたのはサックスと鍵盤のユニット「海藻姉妹」のみなさん。

写真左が鍵盤の めかぶさん 真ん中がサックスの わかめさん 右がサックスの こんぶさんです。

b0145160_20092124.jpg

オリジナル曲をメインに9曲ほど演奏して下さいました。

下町や横丁で感じるような哀愁と鋭い直線的なリズムの対比に惹きつけられます。
オリジナルの子守唄では高台に登って夕日を感じるような暖かさと浮遊感がありました。

プロデューサーの立場を忘れて楽しんでしまいました。(忘れて楽しむのは毎回ですけどね…)


そしてコンサート内では図書館コンサートにちなんでブックトークも企画。

今回は海藻姉妹の皆さんと遠藤が春日町図書館から事前に読みたい本を選んで紹介しました。

b0145160_10032431.jpg


わかめさんは猫や犬、昭和や恐怖に関する本、めかぶさんは絵本作家ひがしくんぺいの本、こんぶさんは戯曲(サロメやシェイクスピア)と絵画に関する本を選書してブックトークして下さいました。(遠藤はカンディンスキーの画集)

演奏者それぞれの人となりがブックトークに出て面白い企画になりました。


そして演奏後には記念写真。

b0145160_10033693.jpg


海藻姉妹のみなさんありがとうございました。

ちなみに海藻姉妹さんの演奏を聴いてみたい、という方は参考までに下記リンクをどうぞ。




[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-06-19 00:01 | 尺八と生活 | Comments(0)

b0145160_06575998.jpg
先日、中野区立江古田図書館のビブリオバトルに参加してきました。(ビブリオバトルって何?という方はこちら

2月に文京区立本郷図書館で参加してから、久しぶりの参加です。

今回のテーマは「刺激」。

持参した本はこちら

b0145160_06574236.jpg
「佐佐木幸綱作品集」(本阿弥書店)

この本は佐佐木幸綱の短歌作品集です。
何が刺激的だったかというと「短歌の読み方を変えるきっかけになって刺激的だった」という部分です。

普段、本を読むときは基本的に最初から読んで、理解しながらすすんでいくことが多いです。
でも、全ての本を頭から読む必要もなければ、全てを理解して読む必要もないよなぁ。とふと思いました。

たとえば展覧会で絵を見る時、別に全ての作品をじっくり見なくても楽しめるし、好きな作品は勝手に目に飛び込んでくるし。

という気持ちでこの歌集を適当にパラパラみていくと、確かに引っかかる作品はでできます。

たとえば

友一人二人五人と増やし来て千の賀状の束燃す日ぐれ

噛めばかすかな海ほおずきの頬そめてお前が笑う今日は祭

こんな作品たちです。

こんなことをビブリオバトルでプレゼンしようと思い、

b0145160_06575205.jpg
いざ本番へ

結果は……



1位になれませんでした。
本番はなんかしどろもどろになってしまって、うまくプレゼンできませんでした。

まー、しゃーないです。

ちなみに他の紹介本は

【一戦目】
「空中ブランコ」奥田英朗 → 1位
「ひぐらしのなく頃に」竜騎士07
「僕と妻の1778話」眉村卓
「松岡修造の人生を強く生きる83の言葉」松岡修造

【二戦目】
「ミッキーマウスの憂鬱」松岡圭祐
「佐佐木幸綱作品集」佐佐木幸綱
「アーミッシュの赦し」ドナルド・B・クレイビル他 → 1位

という感じでした。

負けても今回は平気です。
佐佐木幸綱も次のように詠んでいますから

おお朝の光の束が貫ける水、どのように生きても恥


[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-06-12 00:01 | 佐佐木幸綱 | Comments(0)

b0145160_12271138.jpg

知り合いの司書の方から勧められて、山梨県立美術館に行ってきました。

この美術館の売りは、なんと言ってもミレーです。
1978年の開館に合わせ、ミレーの「種をまく人」を思い切って購入、その後オープン二年で100万人という来館者数を達成したそうです。

こりゃ、おもしろそうです。

では早速出発。

b0145160_11440051.jpg
ここは朝7時前のバスタ新宿。
人影はだいぶまばら。
ここから甲府駅直通の高速バスがでています。

バスにのること2時間。

b0145160_11440497.jpg
甲府駅に到着。
駅の周囲は工事中。

b0145160_11444697.jpg
武田信玄も工事を見守っています。

話がそれましたが、甲府駅から市バスで美術館へ。
b0145160_11441103.jpg
15分ほどで到着。
公園のなかに美術館があります。

b0145160_11442724.jpg
入り口から入ってすぐ美術館に到着。
ミレーの肖像が掲げられています。

そして、この時は企画展「バロックの巨匠たち」も開催中でした。
b0145160_11443221.jpg
余談なんですけど、「バロック」のこのフォント、展覧会でよく使われてませんか?

話をまた戻して、美術館の中へ。
ここからは撮影禁止なので、お土産に買ってきたポストカードと遠藤のイラストでお楽しみください。

まず、なんと言っても、

b0145160_11445353.jpg
はい!

「種をまく人」です。

この時の遠藤の様子は

b0145160_12271819.jpg


b0145160_12272338.jpg

うむむむむ、

たぶん、きっと、これは……

良い絵に違いない……汗

既に評価が定まっていて、かつ高額な絵を前にすると「感動しなければ!」みたいな感情が先にたってしまい、結局楽しめているのかどうかよく分からない心理状態に……

大行列のラーメン屋で並んでる間に期待値ばかりが上がってるような状況とでも言いましょうか…。

その他には

b0145160_11445715.jpg
「ポリーヌ・V・オノの肖像」という作品もありました。
個人的にはこっちの方が好きです。
だって美人なんだもの。

展覧会場を出ると、すぐ隣で萩原英雄という山梨出身の画家の展示もありました。

b0145160_11450299.jpg
「白の幻想 №1」

これ好きです。

ちなみにミレーを見ることのできる山梨県立美術館のコレクション展の入場料は510円。

安いッ!
もう一回!











[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-06-05 00:01 | 美術館 | Comments(0)

b0145160_21371642.jpg

「料理本」、数ある本のジャンルの中で僕にとっては縁遠いジャンルです。
先週の記事から刺激を受けて、今まで手を出したことのない本に挑戦です。

b0145160_21372148.jpg

「『今日も、ごはん作らなきゃ』のため息がふっとぶ本」田内しょうこ(主婦の友社)

なんとも威勢のいいタイトル。
ふっとばしてくれ、ため息を。


b0145160_21372630.jpg

とりあえず料理なんてまともに作った事ないので、簡単そうなものから。

本書68ページの「切るのがめんどうなお肉こそ、かたまりでまとめ調理」

これならできそう。しかも

b0145160_21374001.jpg

手順は二つだけ。

ということで


b0145160_21373238.jpg

スーパーで材料を買ってきました。

にんにくはかたまりで買っても使い切る自信がなかったのでパウダーで代用。

よし、まず生姜をうすぎりに

……って、生姜って皮は向くのか?

????

検索だ。


b0145160_21374670.jpg

検索したら、俺と同じ悩みの人がいっぱい。

それでわかったのは、スプーンで削げばいい、ということ。

ありがとうgoogle。

よし、これで生姜は大丈夫だ……

でも次に、別の難問が。

b0145160_21505769.jpg

1/2カップって、どのカップを基準にしてるのだろうか?
まさかジョッキじゃないだろう。

うーん

検索だ


b0145160_21380004.jpg


そうか1カップ=200cc(ml)なのか。

またもやありがとう、Google。

あとは材料を切るだけ。

b0145160_21380659.jpg
切りました。
そして鍋に

b0145160_21381309.jpg
入れました。

煮ました。

b0145160_21382247.jpg

煮立ったら、シャトルシェフにいれて

b0145160_21382758.jpg

ふた閉めました。

それで保温して8時間おいたら

b0145160_21383237.jpg
できました。

b0145160_21383963.jpg


うまそうです。

b0145160_21384533.jpg

盛り付けました。

うーん、旨い。

残りは

b0145160_21385099.jpg

ジップロックに入れました。

ため息はふっとばなかったけど、これなら俺でも作れます。

おしまい。










[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-05-29 00:01 | 田内しょうこ | Comments(0)

b0145160_09494816.jpg

先日の14日に「読書しない読書会@紀伊国屋書店 新宿本店」に参加してきました。

読書しない読書会?
一見矛盾した読書会に思えますよね。
この読書会の主旨は、普段は行かないジャンルの書棚へ敢えて行き、本を購入し、その後に参加者で体験をシェアする、という事にあります。

普段読書していると自分の好きなジャンルや作家ばかりにどうしても目が行きがちです。

この読書会では敢えて興味のないジャンルから本を購入することで、新たな気づきを得ることを大切にしています。

当日、僕が伺ったフロアは6階「趣味・実用・絵本」のコーナー。
絵本はたまに読むので、趣味・実用から以下二冊を選びました。

b0145160_09565899.jpg
「透明の棋士」北野新太(ミシマ社)
「怪魚ハンター」小塚拓矢(ヤマケイ文庫)

将棋も釣りも特に興味はないので敢えて選んでみました。

購入後は書店近くのレストランで昼食を取りながら、購入した本の発表と体験をシェア。

なぜその本を選んだかという各々の話から、参加者している方々の考え方や生き方を知ることができてとても興味深いです。

皆さんも是非機会があれば参加してほしい読書会です。
次回は6月4日(日)にジュンク堂 池袋本店で開催するそうです。

まったく本を読まない人でも参加できますよ。
参加方法などは下記リンクからどうぞ。




[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-05-22 00:01 | 尺八と生活 | Comments(2)

b0145160_21532251.jpg
「劇場」又吉直樹(新潮社)

5月11日に発売された又吉直樹の新作「劇場」読みました~。
面白かったです。泣きました。……電車で。

この小説は著者の実体験を下地にしたフィクションで、恋愛小説になっています。

劇団員の主人公の永田と、その恋人・沙希との生活が軸になっています。

個人的に自分が今置かれている状況とすごく似ている部分があって、そこに感情移入しました。

「どんな言葉も僕は受け入れなければならない。すべての罵倒を受け入れたところで、報いには到底届かない。僕は何かを消すためではなく、背負うために沙希の言葉を聞きたいと思っていた。」

本書について既にたくさんの批評があると思いますが、好きなものは好きとできるだけ言いたいです。
というわけで僕にとっては大切な小説です。


コンサートのご案内を二件。

b0145160_21532758.jpg
「紀尾井の ようこそ、邦楽!2017 和楽器をやってみよう」

【日時】2017年7月16日(日) 12:30開場13:00開演(浴衣着付け希望者は12:00~12:45)
【場所】紀尾井小ホール(東京都千代田区紀尾井町6-5 google map
【対象】小中高生、大人 定員 120名
【参加費】小中高生 1000円 大人 2000円 親子セット券 2500円(第三部鑑賞のみ 自由席500円)
【内容】第一部 楽器紹介 第二部 ワークショップ和楽器体験 第三部 和楽器オーケストラあいおいによる演奏
【出演/ワークショップ】和楽器オーケストラあいおい
【問合せ】詳しくは紀尾井ホールのHPをご覧ください。URLはこちらです。先着順になります。

b0145160_21533275.jpg
「和楽器オーケストラあいおい 邦楽彩り 和楽器の調べ」

【日時】2017年7月30日(日)13:30開場14:00開演
【場所】姫路キャスパホール(兵庫県姫路市西駅前町88 google map
【料金】一般4000円 高校生以下2000円(全席指定)
【曲目】軍師官兵衛~和楽器オーケストラあいおいバージョン 荒れ鼠 SF交響ファンタジー《ゴジラ》 巷で話題の妖怪メドレー 合唱と和楽器オーケストラで綴る“日本の四季”
【出演】和楽器オーケストラあいおい
【友情出演】花柳源九郎 花柳美輝風(日本舞踊)
【特別出演】コール・ダ・ムール(合唱)
【問合せ】079-284-5806(姫路キャスパホール

ご来場お待ちしております。


[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-05-15 00:01 | 又吉直樹 | Comments(0)

b0145160_10171132.jpg

あれ!?
これ俺じゃね?!


って、下らない話はおいといて、金沢にて演奏して来ました。

和楽器オーケストラあいおいの一部メンバーが参加しての金沢公演です。

場所は金沢城公園内の玉泉院丸庭園というところです。

夜間のライトアップに合わせたコンサートで公演中の雰囲気はこんな感じ。

b0145160_10170675.jpg

あら、いいですね~。

ちなみにここでクイズ!

遠藤頌豆はどこでしょう?

……


正解は



b0145160_10240898.jpg

ここでーす!
って、分かるわけないし、そもそもどうでもいいって?
(まーそう言わずに)

そして終演後は

b0145160_10171597.jpg

みんなで記念写真です。

ーーー

ところで折角金沢に来ているので、空いた時間に観光です。

金沢……まぁなんと言っても21世紀美術館!だろうってことで行きました。

でもね……

b0145160_10171974.jpg

GWで200人くらい並んでる……

ああああああ

仕方なくあきらめて、近くにある鈴木大拙館という金沢出身の仏教哲学者の記念館に行ってきました。

b0145160_10173175.jpg


そしたら、ここが超イイんです!

中に池と回廊があって、写真OKだったので撮ってきました。

b0145160_10173942.jpg

きれいだし、何より心が落ち着く。

館内で知ったんですけど鈴木大拙って禅画家の仙厓に関する研究もしてるんですね。

やや、こりゃ興味深いっすよ。

b0145160_10413736.jpg


みなさんも金沢行ったら、是非行ってみてください。

超いいっすから!


(毎週月曜日に更新)


[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-05-08 00:01 | 尺八と生活 | Comments(0)

b0145160_14030404.jpg


昨日、USBメモリを洗濯してしまいました。
そして先月はスマートフォンを失くしました。
IT系のトラブル続きです。

b0145160_15173389.jpg

「企画展がなくても楽しめる すごい美術館」藤田令伊(ベスト新書)

さて、先週までは自宅で開脚を頑張っていましたが、今週は外に出てみたいと思います。

この本にあるとおり企画展がなくても楽しめる美術館に行ってみようと思います。


目を付けたのはこちらの美術館。

b0145160_14364662.jpg

千葉県佐倉市にあるDIC川村記念美術館です。

なぜ、この美術館に惹かれたか、理由は3つ。

(1)敷地が約9万坪で開放的そう
(2)都心から離れているので、ゆっくり見れそう
(3)ロスコ・ルームという魅力的な空間がある(下の写真)

b0145160_14005565.jpg

特に(3)のロスコ・ルームは是非みたい。
マーク・ロスコという画家のシーグラム壁画を飾るだけのために特別に作った空間らしいです。
こりゃ、すごそうです。

というわけで、さっそく出発です。

b0145160_14045900.jpg

はい。ただいま朝6時05分です。
自宅(中野区)から川村記念美術館までは電車&バスで2時間半……。
開館1番乗りを目指して早起きです。

電車に乗ること2時間…つきました。京成佐倉駅。
b0145160_14051106.jpg

ここから美術館までは無料送迎バスが出ています。

b0145160_14052259.jpg

始発のバスに揺られて30分…。(ちなみにバスの乗客は4人だけでした)


b0145160_14053010.jpg

つきました。
DIC川村記念美術館。

さっそく敷地に入ると広大な池&庭。

b0145160_14530259.jpg

右を見ると美術館の入口。


b0145160_14051720.jpg

写真で見ると小さそうに見えますが、奥行きがあって、かなり広いようです。

ここからは撮影禁止なので、本の挿絵と買ってきたポストカードでおたのしみください。

まず

b0145160_14050495.jpg

レンブラントがあったり、(たしか世界史で習ったような…)


b0145160_14580524.jpg

ピカソがあったり、(俺はよく分かりません)



b0145160_14004907.jpg

サイ・トゥオンブリーがあったり。(俺、この画家のことを、ずっと斎藤オンブリーだと思ってましたよ…)

館内を巡りながら、目当てのロスコ・ルームへ。

へっへっへ、どんなもんなんだろう。

b0145160_14010292.jpg
むむっ…

むむむっ…

!!

むむむむ、な、なんて気まずいんだ……

人のいない平日午前中に来たばっかりに、ロスコ・ルーム内では学芸員さんと二人っきり。

一人でゆったり見れると思いきや、こんな状況に。

b0145160_15172340.jpg

みっ、見てる!?

お、俺のことッ!

ちなみに上で紹介したサイ・トゥオンブリーの時は


b0145160_15274638.jpg


こんな状態。

まるでストーカーっすよ。

うーむ。

今度からはもうちょっと人がいる時に来よう。

でも、庭はとってもきれいで解放的!

b0145160_14053510.jpg

ちなみにサイ・トゥオンブリーはあんな状態でしたけど、とっても良かったっす。

b0145160_14004907.jpg
さぁみんなで川村記念美術館に行ってみよう!


(このブログは毎週月曜更新)




[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-05-01 00:01 | 藤田令伊 | Comments(0)

b0145160_09310655.jpg
先週無事に開脚できました。

この場を借りて、応援して下さった方々に厚く御礼申し上げます。

……って、先週の記事を最後まで読まれた方はご承知のことと存じますが、完全にベターッとなっていないため、引き続きストレッチを頑張っていました。

b0145160_16340401.jpg


最終週のストレッチは結構きつめな雰囲気です。
b0145160_16420495.jpg



b0145160_11273114.jpg

うーん、結構、……いやかなりきついです…。(着替えました)

というより、

……痛い。痛いですよ。これは

b0145160_11341944.jpg


痛い状態で続けるべきなのか…。

ちょっとインターネットで調べてみたところ、あまり無理すると怪我につながるみたいです。

うーん。なるほど。

じゃ、無理はしないでおこう。

というわけで結局今の状態は…

b0145160_09311623.jpg
こんな状態になりました!

先週はヒジついたけど、今週はヒジつけると痛いので断念。

ちなみに初日の状態から見ていくと、

【1日目】

b0145160_16342492.jpg

【8日目】

b0145160_16334447.jpg

【15日目】

b0145160_17305683.jpg

【22日目】

b0145160_07420362.jpg


【29日目】

b0145160_09311623.jpg

という、状態になりました。

というわけで、この企画のもともとの目的、本に書いてあるとおり4週間でベターっと開脚できるのか?ということに、僕個人としての答えを書けば、

4週間で開脚はできる。ただし、ベターッとではなく、書籍内で示された開脚の定義(「脚を大きく開いてひざをピンと伸ばし、前に上半身を倒していき、両ひじが床につけば開脚達成」とする、という定義)の範囲内において。

になりました。

本に書いてあったことは僕にとっては嘘ではありませんでした。

と言っても、ベターッと開脚するまでの道は遥か先です。

この企画は今週で終わりですが、痛みを感じない範囲で開脚ストレッチは続けていきますので、いつの日かベターッとなったら報告させてください。

そして、これを読んで開脚を頑張ってみようかなと思われた方がいたら嬉しいですが、くれぐれも無理しなで下さいね。


では、最後に。

b0145160_09310655.jpg

今週まで読んで頂き誠にありがとうございました。

(来週も別な記事で更新します)








[PR]
# by mamesyakuhachi | 2017-04-24 00:01 | Eiko | Comments(0)